読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星空並木

またの名を黒歴史。気軽にやってます(^^

リレー小説21*。・

お久しぶりです…!

\だれおまえ/

 

*これはわんころときばりんとのリレー小説です*

衣玖話→

wankoro.hatenablog.com

20話(きばりん)→

 

今回も安定のキャラ迷子。

 

 

フラン「とりあえず誰か死のう!!!!」

魔理沙「やめろよ」

 

こいし「なんでフランちゃんは初っ端から物騒な事言ってるのかな」

咲夜「やっと再開したかと思えば…」

フラン「え、なんでわたしこんなに責められてるの」

魔理沙「胸に手を当てて考えてみた方がいいと思うぜ」

フラン「当てられる胸もないわけだけど」

魔理沙「ごめん」

 

フラン「わたしたち今何してるんだっけ」

咲夜「メタ発言やめてください」

フラン「ギリギリ大丈夫。てかこれ絶対あらすじ覚えてない人いるでしょ」

咲夜「そうですね…では今までのあらすじを簡潔にまとめてみてください」

フラン「衣玖さんはノーパン」

咲夜「もっとマシな説明できないんですか」

フラン「あれ、けーね先生だっけ?」

咲夜「知りません」

こいし「話進めろよ」

フラン「はいアウト~」

咲夜「メタ発言とキャラ崩壊が同時にきましたね」

 

フラン「あれ、そいえば魔理沙は?」

咲夜「そういえばいないですね…?」

こいし「ここでまさかの単独行動なのー?」

咲夜「…まあでも、わたしたちもそろそろ急がなくてはいけませんね。…先程から爆発音が鳴りやまないですし。」

フラン「せやな」

こいし「ほんまや」

 

魔理沙「さなえー!!みのりこー!!!」

   「さっきの爆発音って明らかにあいつらのいた場所からだろ…」

   「くっそ…どこにいんだよあいつら…!」

 

フラン「やばいいいいいい!!!!」

こいし「迷子!!!!!!」

フラン「いやこいしのせいだからね!?」

こいし「そーだっけ」

フラン「そーだよ!もとはといえばこいしが急に魂追いかけだすから!!」

こいし「妖夢かもしれないじゃん!」

フラン「それもそうだね」

 

フラン「でも咲夜と別行動になると困るのよね。私が。」

こいし「なんで?」

フラン「定期的に水分補給しないと死にそうになる」

こいし「人間よりもろくないそれ」

   「でも水分ならほら。あそこ」

フラン「!泉!?なんでこんなところに!?」

こいし「よくわかんないけど、よかったねー?」

 

 

 

咲夜「妹様とはぐれた(´・ω・`)

 

 

 

魔理沙はさなみの、こいフラはキバ得面子の方に向かってる感じかな?咲夜さん頑張れ()

更新遅くなってほんとにごめんね!ねくすとわんころ!!任せた!